Mountain Lionで既存のKeynoteスライドファイルをiCloudに追加する方法

公開日: : 最終更新日:2014/01/09 Mac

    

こんにちは。さっそくOS X Mountain Lionをインストールしたアキオ(@akio0911)です。

OS X Mountain Lionでは、Documents in the Cloudをつかって、Keynoteで作ったスライドなどをMac・iPhone・iPadの間で同期して扱えるようになりました。

そこで、MacのKeynoteで既に作ってあるスライドファイルをDocuments in the Cloudに追加する方法を解説したいと思います。

    

OS X Mountain Lion
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700

Keynote
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700

Keynote
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥850

FinderからKeynoteのiCloudウィンドウへ、スライドファイルをドラッグします。

ファイルは複数でも大丈夫です。

    

これだけで、iCloudにファイルが追加されます。

    

必要に応じて、ファイルをフォルダにわけておきましょう。

やり方はiPhoneと同じで、アイコンをドラッグして重ねるだけです。

    

iCloudに追加したファイルは、iPhoneとiPadへ自動的に同期されます。

これで、Macで作成したスライドを使って、いつでもどこでもプレゼンできますね!

    

ちなみにiCloudに置いたファイルは、SpotlightやFinderのマイファイルにも表示されるようです。

そしてアイコンをダブルクリックすれば、そのままKeynoteで開いてくれます。

ここらへんの使い勝手は今まで通りです。

    

まとめ

いままでMacのKeynoteで作ったスライドをiPhoneやiPadで再生するには、

いったんDropboxなどを経由してからKeynoteアプリで開く必要がありましたが、

iCloudを使えばMacで編集した内容がすぐにiPhone・iPadに同期されます。

ぜひOS X Mountain Lionにアップデートして、その威力を体感してみてください!

    

OS X Mountain Lion
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700

Keynote
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700

Keynote
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥850

関連記事

サンフランシスコのピア39にあるチャウダーズでクラムチャウダーを食す!

lolipop アップルの開発者向けイベント「WWDC2014」

ミスドのカルピスドーナツとカルピスポンデリングを食べてみた!

ミスドで期間限定のカルピスコラボ商品「カルピスドーナツ」と「カルピ

十三カレー計画で牛すじカレーネギのせを食す!(大阪・十三)

「iPhoneアプリ開発キャンプ@大阪」のランチで、十三カレー計画

大阪・難波の加寿屋 法善寺でかすうどんを食す。ランチタイムはおにぎり2個まで無料!

大阪・難波の加寿屋 法善寺 (かすうどん KASUYA)で、かす

ライブドアブログで運営していた「あきお商店」を「卵は世界である」に改名しました

少し前からライブドアブログで「あきお商店」というブログをやって

→もっと見る

PAGE TOP ↑